札幌 南三条 天ぷら こばし
昼の営業 11:30〜14:30 (LO 14:00)
            (日曜 祝日 月曜 祝翌日 定休日)
  コースは要予約
夜の営業 17:00〜21:00 (最終入店)要予約 000
                 (日曜 祝日 定休日)
  ご予約  011-272-3376
 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
 駐車場  LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
今月のお勧め



 

沖縄宜野座産車えび 

15cm以上を車海老、10〜15cmのものをマキ、それ以下をサイマキ(鞘巻)と呼び、 特に大きい20cm以上のものを大車(おおぐるま)と呼びます。
 一般に寿司でも天ぷらでも、小型のサイマキやマキの方が身が柔らかくて味が濃く、美味しいと言われていますが、
 実際にはどの大きさの物を最上と考えるかは寿司屋、天ぷら屋ごとに違い、バラバラです。
サイマキという言葉の由来ですが、昔、武士の腰刀の鞘(さや)に刻み目が付いていて、 
車海老の縞模様がこれに似ていたので、車海老の略称を鞘巻き(さやまき)と言った。
これがなまって、サエマキ、 サイマキとなり、これが小さな車海老の呼び方になった、という話です。
 ただしこれらはもともと寿司屋系の呼び方で、天ぷら屋では「最も美味しいのは手一束(ていっそく)」 などと言っていました。
これは海老を手で握った時に頭と尻尾がちょっと顔を出す大きさという意味で、 約12〜13cmのマキに相当します。





白えび

体長6〜7cmの中深層性(生息水深40〜240m)のオキエビ科に属する小型のエビです。
日本近海、インド洋、地中海、大西洋に広く分布しているが、漁業として漁獲が行われているのは富山湾だけ。
富山湾の神通川河口、庄川河口、常願寺川河口などの『あいがめ』と呼ばれる海底谷の水深100〜300mのところに生息しているそう。
それを長さ200〜300mの特殊な底曳網を使って獲ります。なお、漁獲期は4月〜11月







ハモといえば関西では夏の味覚として欠かせない味です。
ハモの旬の時期は二つ。「梅雨の水を飲んで育つ」と言われるようにサッパリとした味がおいしい夏。
また、産卵を終えて食欲が増し、脂の乗り味にコシが出てきて「金ハモ」「松茸ハモ」「名残ハモ」などと呼ばれる秋冬。
ハモ皮にはコンドロイチンが多く含まれEPA(エイコサペンタエン酸)や核酸などと並んで、
人の皮膚の老化防止に役立つことが知られています。これを食べることによって特に女性の肌はなめらかになることから、
ハモを食べる伝統に京美人も支えられてきたともいわれています。
当店では 天つゆ 塩 レモンのほか 梅肉をお出ししています





うに

 北海道うにの旨さの秘訣は、北の海の荒々しさと冷たい水温
によって育った昆布を豊富に食べているからです。
特に北海道の昆布にはグルタミン酸、アルギン酸という栄養素がふんだんに含まれているため、
その栄養たっぷりの旨みを北海道のうにが吸収し、他では味わえない甘味と味に深みがでるのです。
うにの香りを楽しんでもらうために 海苔ではなく湯葉でくるんで揚げています。
揚げることによりうにのうまみと香りが濃くなります。







とうもろこし

北海道の夏の野菜の代表格といえばとうもろこし
甘みをお楽しみください





オクラ

包丁で刻むと独特のねばりが出るオクラは、夏が旬の野菜。
「おくら」という名前が和野菜のようですが、実は「オクラ」は英語。
原産はエチオピア近辺ですがアメリカに持ち込まれ、現在ではアメリカが大生産地となっています。
独特のネバネバには、最近話題の成分「ムチン」が含まれています。
カロチンやビタミンE、ビタミンCのほか、マグネシウムや亜鉛、銅といった無機質も含む、
栄養価の高い野菜です





安納芋

種子島産
安納芋(安納紅)は、鹿児島県種子島の安納地区周辺だけで収穫される極めて希少なさつまいもです。
中がオレンジ色で、カロチン・カルシウムなどの栄養素も多く含み、
もっとも糖度の高いさつまいもです。
芋の高い糖度と水分を味わってもらうため 1時間以上かけて油で揚げます。
 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
 駐車場  LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 3階

天ぷら こばし

011-272-3376  日、祝定休