札幌 南三条 天ぷら こばし
昼の営業 11:30〜14:30 (LO 14:00)
            (日曜 祝日 月曜 祝翌日 定休日)
  コースは要予約
夜の営業 17:00〜21:00 (最終入店)要予約 000
                 (日曜 祝日 定休日)
  ご予約  011-272-3376
 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
   LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
今月のお勧め



 

熊本天草産車えび 

15cm以上を車海老、10〜15cmのものをマキ、それ以下をサイマキ(鞘巻)と呼び、 特に大きい20cm以上のものを大車(おおぐるま)と呼びます。
 一般に寿司でも天ぷらでも、小型のサイマキやマキの方が身が柔らかくて味が濃く、美味しいと言われていますが、
 実際にはどの大きさの物を最上と考えるかは寿司屋、天ぷら屋ごとに違い、バラバラです。
サイマキという言葉の由来ですが、昔、武士の腰刀の鞘(さや)に刻み目が付いていて、 
車海老の縞模様がこれに似ていたので、車海老の略称を鞘巻き(さやまき)と言った。
これがなまって、サエマキ、 サイマキとなり、これが小さな車海老の呼び方になった、という話です。
 ただしこれらはもともと寿司屋系の呼び方で、天ぷら屋では「最も美味しいのは手一束(ていっそく)」 などと言っていました。
これは海老を手で握った時に頭と尻尾がちょっと顔を出す大きさという意味で、 約12〜13cmのマキに相当します。





たら白子

冬を代表する美味しい魚といえば、鱈ですね。
雪の魚って書くくらいですから。この鱈、捨てるところがありません。
鱈の一番おいしいのは、白子と頭です。
西の横綱ふぐ白子とともに東の横綱といえばこの真たら白子(たち)です。
たらの白子は、すけそう鱈・真鱈の両方にありますがもちろん、美味しいのは真たらの白子です。
真たらのオスから取り出した、最高級の白子を旬の11月〜2月の期間限定でお出しいたします。





牡蠣

牡蠣を天ぷらにします。
当店では 冬の王様、たちの天ぷらを上回る人気商品です。
湯葉でくるんであげるため牡蠣のエキスを逃さないので
ジューシーな天ぷらが楽しめます。
牡蠣の味がギュッと詰まった熱い天ぷらです。





ふぐ白子

ふぐの季節は10月から3月ですが
白子の旬は1月から3月まで
トラフグの白子は「白いダイヤ」とも呼ばれ、ほかのどの食べ物とも異なった、
その味と食感は、古くから多くの人たちを「とりこ」にしてきました。





めごち

正式名称はネズミゴチ。
しかし関東ではそう呼ばず、メゴチで通っています。
宮城県、新潟県以南、東シナ海までの浅い砂地の底に棲んでいます。
姿、大きさが冴えず、皮にぬめりがあるため万人には好まれませんが、紛れも無い高級魚です
天ぷらの素材としては天下一品。
身質のキメ細かさ、うま味は抜群です。
身質はキスよりもしっかりしており、キスよりおいしいとされます。
まだ食べたことのない方、是非一度お試しください!





菜の花

もともとは油を取る目的で栽培されていた菜の花ですが、
明治時代以降、食用としても作られるようになりました。
現在では、つぼみを食べるタイプと、茎、葉を食べるものの2種類がおもに出回っています。
茎 葉の食用の季節は1月から3月。
菜の花は「緑黄色野菜」に分類される野菜で、
とても栄養価が高く、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、鉄などに富んでいます。
カルシウム、鉄は共に日本人には不足しやすい栄養素ですので、
両方補える菜の花はまさに栄養満点の野菜と言えます





蓮根

蓮根は輪切りにすると穴が多数開いていることから「先を見通す」ことに
通じ縁起がよいとされる食べ物です。
野菜の中ではビタミンB12も多く鉄分の吸収を高めるので、
貧血気味の人は、鉄分の多い食品といっしょに食べるとよいとされています。
旬は10月から3月。「蓮根(はすね)掘る」は冬の季語。
シャキリした食感をお楽しみください。





百合根

北海道は百合根の一大産地です。全国の95%以上といわれています。
が、消費の70%以上が関西圏と以外に北海道の食卓には縁遠い食べ物だったりします。
百合根は畑に植えられてから地中の茎に栄養を行渡らせプックリと太らせる為に、
花のつぼみを切るなど、手間隙をかけて約3年、歳月をかけ丹念に栽培されています。
柔らかな甘味とホクホク&モッチリとした歯ざわりをお楽しみください。




安納芋

種子島産 幻の薩摩芋
全国的な知名度では、「種子島紫」に負けていますが、
地元では逆に「安納いも」の方が人気があります。
安納芋(安納紅)は、鹿児島県種子島の安納地区周辺だけで収穫される極めて希少なさつまいもです。
中がオレンジ色で、カロチン・カルシウムなどの栄養素も多く含み、
もっとも糖度の高いさつまいもです。
芋の高い糖度と水分を味わってもらうため 1時間以上かけて油で揚げます。
 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
   LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 3階

天ぷら こばし

011-272-3376  日、祝定休