札幌 南三条 天ぷら こばし
昼の営業 11:30〜14:30 (LO 14:00)
            (日曜 祝日 月曜 祝翌日 定休日)
  コースは要予約
夜の営業 17:00〜21:00 (最終入店)要予約 000
                 (日曜 祝日 定休日)
  ご予約  011-272-3376
 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
 駐車場  LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
今月のお勧め



 

沖縄宜野座産車えび 

15cm以上を車海老、10〜15cmのものをマキ、それ以下をサイマキ(鞘巻)と呼び、 特に大きい20cm以上のものを大車(おおぐるま)と呼びます。
 一般に寿司でも天ぷらでも、小型のサイマキやマキの方が身が柔らかくて味が濃く、美味しいと言われていますが、
 実際にはどの大きさの物を最上と考えるかは寿司屋、天ぷら屋ごとに違い、バラバラです。
サイマキという言葉の由来ですが、昔、武士の腰刀の鞘(さや)に刻み目が付いていて、 
車海老の縞模様がこれに似ていたので、車海老の略称を鞘巻き(さやまき)と言った。
これがなまって、サエマキ、 サイマキとなり、これが小さな車海老の呼び方になった、という話です。
 ただしこれらはもともと寿司屋系の呼び方で、天ぷら屋では「最も美味しいのは手一束(ていっそく)」 などと言っていました。
これは海老を手で握った時に頭と尻尾がちょっと顔を出す大きさという意味で、 約12〜13cmのマキに相当します。





白えび

体長6〜7cmの中深層性(生息水深40〜240m)のオキエビ科に属する小型のエビです。
日本近海、インド洋、地中海、大西洋に広く分布しているが、漁業として漁獲が行われているのは富山湾だけ。
富山湾の神通川河口、庄川河口、常願寺川河口などの『あいがめ』と呼ばれる海底谷の水深100〜300mのところに生息しているそう。
それを長さ200〜300mの特殊な底曳網を使って獲ります。なお、漁獲期は4月〜11月





様似産 銀毛鮭 銀聖

本来天ぷらのネタに切り身の魚は使わないんですが
北海道の秋といえば鮭でしょう。
鮭には「紅鮭」「銀鮭」「白鮭」などいろいろな種類がありますが、
一般に“さけ”と呼んでいるのは、この中で白鮭のことです。 
その中でも魚体が美しい銀色をしているものを、銀鮭、正確に「銀毛鮭」と呼んでいます。
この銀毛鮭、たくさん水揚される鮭の中から、わずか5%しかとれない、実に貴重な鮭です。
銀色に輝く美しい魚体をしている鮭は、ほかの鮭と比べても脂のりが良く、
味は格別。一般的な白鮭とは違う際立つ脂のりで、
しかも紅鮭や時鮭とは違ったさっぱりした脂が特徴の、昔ながらのあっさりした、
そして旨みが詰まった鮭です。
一般に鮭は寄生虫の関係でしっかり火を通さないといけないのですが、
あまり揚げすぎるとせっかくのおいしさが半減するので
ルイベの要領で一度しっかり凍らせてから ほんのりレアで味と食感、香りを楽しんでもらうため
揚げすぎないようにしています。





牡蠣

サロマの牡蠣を天ぷらにします。
当店では 冬の王様、たちの天ぷらを上回る人気商品です。
湯葉でくるんであげるため牡蠣のエキスを逃さないので
ジューシーな天ぷらが楽しめます。
牡蠣の味がギュッと詰まった熱い天ぷらです。





蓮根

蓮根は輪切りにすると穴が多数開いていることから「先を見通す」ことに
通じ縁起がよいとされる食べ物です。
野菜の中ではビタミンB12も多く鉄分の吸収を高めるので、
貧血気味の人は、鉄分の多い食品といっしょに食べるとよいとされています。
旬は10月から3月。「蓮根(はすね)掘る」は冬の季語。
シャキリした食感をお楽しみください。





とうもろこし

北海道の夏の野菜の代表格といえばとうもろこし
甘みをお楽しみください



 TOP  お品書き  今月のお勧め  営業時間とアクセス  こんなお店です
 駐車場  LINK  貸切のご案内  ご予約されるお客様へ
060-0063 札幌市中央区南3条西3丁目3番地 G DINING SAPPORO 3階

天ぷら こばし

011-272-3376  日、祝定休